メニュー

お知らせ

【北信エリア③】長野県の「酒」と「文化」――善光寺の門前から

こんにちは!さんぽくんです。

この連載コラムでは、長野県のエリアごとに、お酒の魅力と酒屋さんの楽しみ方などを酒屋さんにインタビューし、ご紹介します!
エリアごとのお酒の歴史、観光のヒントなんかも知れちゃいます。


このコラムを読めば、酒屋さんによく人も、行ったことがない人も酒屋さんに行きたくなること間違いなしです!

今回のコラムは北信エリア(長野)「高野酒店」の高野さんにインタビューの3回目です。

「地酒の専門家」知識を生かし お客さまが求める一品を提案

――接客をする上で気をつけていること、意識していることなどを教えてください。

お客さんに「こんなお酒を飲みたいんだけど、何がいいでしょうか?」というような形でおたずねしてもらえれば、それに対して説明は十分にできます。逆に来店して迷っているような雰囲気であれば、こちらからさりげなく「どんなお酒をお探しですか?」とお声掛けさせていただくこともあります。

 カップルやご夫婦で来店されて、色々と2人で話し合いながら探している場合ですとわかりやすい部分もあるのですが、お一人で黙々と探しておられるとニーズが把握しづらいところはあります。善光寺さんに参詣しがてら覗きに来られるだけのお客さまももちろんいらっしゃいます。

 いろんな来店動機の方々がいるので、声をかけていいかどうかは長年の経験で空気を読んでいます(笑)。もちろん質問をいただければ、基本的には全て答えます。

とても優しく親切な上に、蔵元での試飲も必ず行なっているから信頼できます。

――豊富な知識と長年の経験を基にした提案、というのは酒店で購入する一つのメリットだと言えますね。

「現代的だな」と感じることも最近は増えました。若い世代の人、特に女性もお酒が好きな方はいらっしゃってお越しいただくんです。スマホで「長野県の人気地酒ランキング」のようなサイトと照らし合わせながらお買い求めいただく方もいらっしゃいますね。少し寂しい部分もありますが、基本的には皆さんご自分の考えでやっていらっしゃることなので、そういう場合はこちらから必要以上におせっかいを焼くことはしないように気をつけています。

 そもそもお客さんとしても、「長野県の地酒しか置いていない店舗」だということをある程度はわかって入ってこられている方が多いのではないかと思います。だからこそある程度はお酒に関する知識を持ってらっしゃる方なのかなと。もちろん単純にお土産として求めていくお客さんもいらして、知名度が高くて「自分が知っているお酒だ」という理由だったり、長野県の代表的なお酒だったりということで買っていくパターンもあります。

広々とした店内に、整然と信州のお酒が並びます。

でも基本的には皆さん、何かしらコミュニケーションを取って話をされて購入する方が多いです。それも含めて酒店でお酒を購入する楽しみや意義の一つなのかなと思います。

酒屋さんへはじめて行く人にとっては、店主に話しかけるなんてドキドキしちゃいますよね!
でも酒屋さんでは相談しながら決めるって普通のことなんですね。
さんぽくんは冷凍庫に入っているカニを思い出して、
カニにあう日本酒を高野さんに選んでもらっちゃった。
高野さんの丁寧な説明もうれしくて、その日は最高の食事になったよ!

【長野エリア④】に続きます。