メニュー

お知らせ

【南信エリア④】長野県の「酒」と「文化」――支え合って醸し出す酒文化④

こんにちは!さんぽくんです。

この連載コラムでは、長野県のエリアごとに、お酒の魅力と酒屋さんの楽しみ方などを酒屋さんにインタビューする形式でご紹介します!
エリアごとのお酒の歴史、観光のヒントなんかも知れちゃいます。

このコラムを読めば、酒屋さんによく人も、行ったことがない人も酒屋さんに行きたくなること間違いなしです!

今回のコラムは南信(伊那)エリア「酒文化いたや」の中村さんにインタビューの4回目です。

課題はイベントでの発信 地酒も自然も守りながら

――南信地方の今後に願うことはどんなことでしょうか?

このままでいてほしいですね。田舎というか、伊那ののどかな姿を保ったままの場所であってほしいです。今ある伊那の魅力、自然だったり田園風景だったりは残したままで、「たまにくる場所」のような感じですね。大都会にならないでほしい。

 工業分野や製造業などは会社の誘致が活発になっていますが、その辺りは地方が生き残っていく上で必要なことでもあると思います。それに南信以外の人にも魅力を知ってほしい、来てほしいと思います。ただ、あまりに人を呼ぶことだけに偏ってしまうと、オーバーツーリズムみたいになってしまう。そこはうまくバランスを取ってほしいです。

―この地域の酒文化については今後どんな展望や希望がありますか?

お酒を造りたいと思う人や酒屋をやりたいと思う人は、ぜひ頑張ってほしいです。急に「酒屋を開きたい」と思っても、まず最初の走り出しはとても大変だと思います。蔵元さんとの信頼関係を築くのにはそれなりに時間がかかります。
ただ、私たちに協力できること、教えてあげられることはたくさんあると思います。自分ももちろん頑張りますが、地域にもっと酒屋さんが増えてほしいですね。酒屋さんはどんどんなくなってきています。このままだと残っている酒屋さんに仕事が集中して店の形態や扱うものも変わってくる可能性まであります。

 酒屋の中でも後継者問題は深刻です。それでお店をたたんでいる所も増えています。お酒が好きでバイタリティがあって、関係を作れるような人が「酒屋をやりたい」と来てくれるといいな、と思います。

 酒屋って昔は「孤独な仕事」だと思っていました。みんながライバルだと感じていましたけど、最近はそうじゃないと思うようになりました。確かに仕事上ではライバルだという部分もありますが、集まるとそうではありません。協力し合える仲間のような存在ですね。逆にいうと、それ以外に協力する人がいないという感じかもしれません。

――今後の課題はありますか。

長野のお酒をもっと知ってもらえるような場やイベントができればいいですね。昨年11月に東京であったお酒のイベントに行ってきましたが、とてもいいイベントだったと思います。東京だからできることなのかもしれませんが。でもやはり飲み比べてみないとわからない部分がお酒にはあります。様々なお酒が一堂に会し飲み比べができるような場所を作っていくことは今後の重要な課題だと思います。

 東京で開催したような大きなイベントではないにせよ、規模を縮小したイベントが長野県内で低予算でできればいいですよね。「お酒フェスティバル」のような。そしてそういう場所にきちんと「発信ができる」人も呼ばないといけない。「このようなイベントがあって、そこで信州のお酒を飲みました。こんな味で美味しかったです」ということが言える、ある程度日本酒を飲みなれていて影響力のある人ですね。
そこからさらに広まっていくのではないかと思います。信州には、まだまだ全国的に知られていないお酒がたくさんあります。それをもっともっと知ってもらえるようなイベントを開催できるようにしたいですね。

今回インタビューさせていただいたのは「酒文化いたや」中村修治様でした。
ありがとうございました!

酒文化いたや
〒396-0009
長野県伊那市日影171

TEL:0265-72-2331
ホームページ